ニキビには低刺激の洗顔がおすすめ


世の中には顔に発症したニキビに悩んでいる人も数多く存在します。そもそもニキビが発症してしまう原因には様々な理由が考えられます。学生時代に発症しやすいものは主に成長期特有のホルモンバランスの急激な変化による場合が多く、また大人になってからは、仕事や人間関係のストレス、暴飲暴食、アルコールやニコチンの過剰摂取、睡眠不足、髪による肌への刺激、空調による乾燥状態などなどが絡んできます。そのいずれにしても、様々な刺激を受けて大量の皮脂が分泌され、これらが古く剥がれ落ちた角質と共に毛穴を詰まらせることから、そこに菌が繁殖して炎症が広がってしまいます。

こうした発症状況を打開する上でも、まずは毎日の入念な洗顔が欠かせません。しかし、ただがむしゃらに洗うというだけではかえって顔を傷つけたり、刺激しすぎてしまいます。洗顔の際におすすめなのは、まず低刺激の洗顔料などを用いてできるだけやさしく洗ってあげることです。洗顔料としては特に高価なものが必要というわけではなく、保湿成分があって、洗い終わりの感覚がしっとりしたものがおすすめです。

こうした洗顔料を適度に手に取り、まずはよく泡を立てましょう。そうやって手で力任せにゴシゴシ洗うのではなく、出来上がったばかりの泡をスポンジ代わりにして、手のひらの腹の部分を使って丁寧に顔の部位の汚れを落としていくのがおすすめです。

このような洗い方を心掛けることによって、発症中のニキビに過度な刺激を与えることなく、常に清潔な肌環境を整えることができるはずです。また洗顔をし終わった直後は乾燥しやすい状態が続きますので、必ず乳液や保湿液を使って肌に潤いを与えてあげることが望ましいでしょう。